沿革

平成2年当時、愛媛県内の各商工会議所にはすでにほとんど青年部があったが、松山商工会議所には青年部がなかった。当時の松山商工会議所の枡田三郎会頭の「青年部を作ろう!」という声により、初代会長となる松井逸材氏らが、当時の商工会議所にあった組織「青年塾」と「流通業交流懇談会」を母体として松山YEGを立ち上げた。

 
平成2年度
松山YEG発足
設立当初の会員数は83名、予算が少なく、家族交流会など会員相互の交流を中心に活動を行っていた。活動内容についても手探り状態であったが、県都である松山商工会議所に青年部が誕生したということで各方面からの期待も高かった。
松井 逸材
 
 
平成3年度
切磋琢磨
松山まつり活性化のため堀之内で行われているチャリティーバザールに参加。後に松山まつりに積極的に参加するきっかけとなる。
松井 逸材
 
 
平成4年度
研鑽と飛躍
平成4年10月、新入会員を対象とする第1回オリエンテーションを開催。以後、新入会員に青年部の組織・事業等について理解を深めてもらうため、定期的に行われるようになる(現在の新入会員研修会)。発足当初の目標である100名会員を達成する。
横山 博幸
 
 
平成5年度
融和と拡大
行動指針「誠(誠実)・粘(粘り強さ)・武(礼節)」
横山 博幸
 
 
平成6年度
ふれあいから研鑽へ
平成6年8月、松山YEGがその全ての運営を任されることになった松山まつりのYEGゲーム村を開始。松山まつりの大きなイベントとなり、平成14年まで続くこととなる。「YEG松山まつり運営協議会会長」として伊狩泰介氏が就任。
大亀 右問
 
 
平成7年度
さらなる研鑽、
大いなる飛躍をめざして
平成7年8月
YEG松山まつり運営協議会を「い組」と改称。年末から行われる堀之内をライトアップする松山ライトアップ実行委員会に参加協力する。
大亀 右問
 
 
平成8年度
愛媛の集う力で団結を
平成8年6月22~23日、松山YEGが第15回商工会議所青年部愛媛地区会員大会を主管する(会場:松山総合コミュニティセンター)。大会スローガンは「愛媛YEG、全員集結、松山でみせよう愛媛の団結力」。
「地域の活性化」「国際化を考える」「情報・化インターネットについて」などをテーマに活発な議論が行われる。
大亀 右問
 
 
平成9年度
人・夢・ロマン~時流適応型のまちづくりをめざして~
堀之内をライトアップする松山ライトトアップ事業について松山YEGが運営を任されることになる。松山YEGの卒業生で結成される「松山YEGマスターズクラブ」が設立される。
戸田 善丈
 
 
平成10年度
人・夢・ロマン~時流適応型のまちづくりをめざして~
会員の年齢制限を45歳以下から49歳以下に引き上げる。
戸田 善丈
 
 
平成11年度
バーチャルコーポレーションYEG~業種を越えてよりグローバルに~
この年より通年ビジョンである「会員の企発業展、それに伴う地域経済の活性化」をとり入れた。バーチャルコーポレーションYEGとは、会員企業同士のビジネスチャンスを広げ、YEGを仮想企業としてよりダイナミックなPRや事業戦略を進める活動。松山まつり「い組」頭に大西浩司氏就任。
平成12年2月26日、市民会館にて10周年記念式典開催。
また、松山まつりのあり方などを協議する松山青年会議所との「YJ懇談会」が2ヶ月に1回開催されるようになる。
伊狩 泰介
 
 
平成12年度
バーチャルコーポレーションYEG~共生による波及を目指して~
各委員会名称、事業内容を見直す作業が行われる中、対外的に地域経済の活性化に取り組むための新委会員として企画委員会、会員企業同士のビジネスを積極的に展開するための新委員会としてVC委員会を設置する。
伊狩 泰介
 
 
平成13年度
バーチャルコーポレーションYEG ~自立による価値の連鎖~
松山の知名度を高めるためフィルムコミッションに松山YEGが組織として関わるようになる。企画委員会がこの活動を具体化するためアジア・フィルム・ネットワークの立ち上げを行う。
伊狩 泰介
 
 
平成14年度
バーチャルコーポレーションYEG~200人体制によるパワーの集結~
松山YEGの対外広報活動も兼ねた新入会員増強活動を活発に行い、当面の目標であった会員数200名を達成する。
伊狩 泰介
 
 
平成15年度
「ゴー・ゴー・タートルズ」
(亀は常に前に向かってしか歩けない、後ろに下がることができないことから)
松山まつりの活性化を目指して、初めて「松山まつり野球拳おどり」に参加し、松山まつりの堀内之おどり会場の運営を松山YEGが行う。松山YEGの野球拳おどりは奇抜な衣装を振り付け、4月から8月までの練習、企画に取り組んだ集大成が観衆の注目を集める。
大西 浩司
 
 
平成16年度
「ゴー・ゴー・タートルズ」
松山YEGが松山まつりの本事業運営へ参画。松山まつりの野球拳おどりに2年連続参加し、松山YEGが中心となって組織する「い組」連が念願の優勝をする。松山まつり野球拳おどりにおいて、一般市民が自由に飛び入り参加できる「市参民加どななんぞ」連の企画運営を行う。
大西 浩司
 
 
平成17年度
Be Strong and Enjoy YEG ~全国大会への挑戦~
松山まつり野球拳おどりにおいて「い組」が2年連続の優連勝を達成する。「市民参加どななんぞ」連が参加人数1,000名に達し一層の盛り上がりをみせる。
佐川 正純
 
 
平成18年度
原点YEGスピリット・広がるYEGネットワーク
日本YEG最大の事業である全国大会の誘致を実現。全国から多くの人に松山へ来ていただくチャンスを得る。
井上 幸一
 
 
平成19年度
新たな価値観の創造
「愛媛を一番にしたい 未来創造サミット」のスローガンの下、第26回商工会議所青年部愛媛大会を松山YEGの主管によって開催する。秋のクリーンアップ大作戦の参加、松山駅周辺のボランティア清掃活動にYEGとして初めて参加する。
竹下 明伸
 
 
平成20年度
新たな価値観の実践
次年度に控えた「全国大会えひめ松山大会」に向けて、全国大会実行委員会を組織し、本格的な準備に取り掛かる。
竹下 明伸
 
 
平成21年度
全国大会 それは新たな自分と地域の発見~夢と勇気をもって一歩踏み出そう!~
平成22年3月4~7日の4日間、全国から約4,000名の参加者を得て「全国大会えひめ松山大会」を盛大に開催。大成功を収める。
竹下 明伸
 
 
平成22年度
新生松山YEG 新たなるステージへの挑戦!!
全国大会も無事終了し、単会活動に専念し始めた。また、親会正副会頭等とも積極的に交流し、始めて要望書を提出した。
兵頭 弘章
 
 
平成23年度
「一歩!Step by Step!」
結集した力で踏み出そう!
日本YEG兵頭会長を輩出する単会として、全国各地から注目を浴びる。ビジネスエキスカーションツアー等の単会事業を積極的に展開するとともに、青年経済団 交流フォーラムなど他団体と連携した事業も実施した。
加藤 秀章
 
 
平成24年度
「一歩!Step by Step!」
YEGらしく!新たなチャレンジ
YEGとして松山まつりの堀之内公園事業「まつこいパーク」の企画運営を行うなど、地域の一大イベントを担う大きな活動を展開したほか、日本YEGで企画された故郷の新しい風会議を松山で開催するなど、日本YEGとの連携事業も積極的に実施した。
加藤 秀章
 
 
平成25年度
「誇り」
~歴史から学び未来を築く~
就職意識革命と題して初の地域大学生とのパイプづくりを促し、継続事業として今後、YEGと愛媛大学との連携事業を確立。また、新入会員候補資料としてエントリーシート作成するなど内部規程などを見直し、より強固な組織とするための体制を構築した。
浮田 宏行
 
 
平成26年度
「誇り」
~歴史から学び未来を築く~
年間49名の会員増強に成功し200名体制の礎を作った。
歴代会長会を設立。毎年11月11日のYEGの日に設置。
松山YEG創立25周年記念事業の開催。
浮田 宏行
 
 
平成27年度
改革
~歴史の軸をぶらさず、新たな未来の為に改革~
平成26年度より200名をこえる大所帯を引き継ぎ、『改革』のスローガンのもと活動。
特に、半世紀の節目を迎えた、記念すべき第50回松山まつりの「まつこいパーク」運営には、メンバーが一丸で取り組み、大成功を収めることができました。一つの事に全員が向かい合う、力の凄さが結果に残る年度でした。
日野 健治
 
 
平成28年度
改革
~歴史の軸をぶらさず、新たな未来の為に改革~
迎える29年度に愛媛県大会、四国ブロック大会の主管が決定!
全国大会は経験している松山YEGですが、メンバーも一新して新たな挑戦!
初の四国ブロック大会に向けて、会員意識の改革、そして会員増強や役員の行動改革に取り組み、
『一つ』にまとまる年度になりました。
会員も増え、230名の体制を成し遂げました。
日野 健治