委員会紹介

委員会紹介

総務委員会

  • 会員総会(通常・臨時)の運営
  • プレミーティングの実施
  • 規約・内規の検証立案
  • 選挙管理委員会の設置
  • 会員情報の管理(名刺・名簿の作成管理)
  • 親会報告会の企画・運営
  • 新入会員のとりまとめ
  • 委員長会の開催
委員長基本方針

歴史と経緯を検証しつつ、時代に応じた内規 規約を慎重に議論し積極的に立案を実施し会の発展に寄与していきます。
YEG精神はもとより、内規 規約をしっかり説明したうえで自企業の発展と自己研鑽を図る場所として趣旨を得心して入会して頂く為のプレミーティングを行います。
名簿の作製に関しては会員情報に細心の注意を払つつ、より使いやすさを求めたリフォームを
行います。
規約に定められた最高決議機関である総会を滞りなく執り行います。
これら事業を通しYEGの礎を学び、委員会メンバー全員がリーダーになるべく高い意識を持ち取り組んで参ります。掲げられた平成30年スローガン、挑戦−1up−の一助になるべくしっかりとした組織運営を行ってまいります。

例会委員会

  • 例会・懇親会の開催
  • 例会事業の運営
委員長基本方針

我々例会委員会は、青年部規約第5条第2項に定められている通り、「例会に出席すること。」を常に意識し、松山商工会議所青年部の会員として義務を全うしたいと考えております。
そのためにも、我々委員会メンバーは感じ、思うだけではなく、先ず行動に移し目に見える形で会員の皆さんを牽引できる立場で常にありたいと考えます。そのうえで、多くの会員の方が参加した例会事業を開催し、会員相互の研鑽と親睦を図る会を運営いたします。
 
永田会長の掲げるスローガン「挑戦~1UP~』を踏まえ、新たな例会の形にも挑戦して参りたいと思います。その中で、200人例会を始め、おとこ前塾等、他委員会との共同事業における円滑な連携も図りたいと考えております。
今年度は、例年以上に数多くの先輩方が卒業を迎えられます。年度の集大成と位置付けるとともに、先輩方の功績を讃えた花道の一端を担うことが出来るよう、素晴らしい卒業例会にいたします。

交流委員会

  • 会員間交流事業の企画運営
  • マスターズ交流会の企画運営
  • クラブ活動の管理・推進企画運営
委員長基本方針

交流委員会は、2018年度スローガン「挑戦」~1UP~チャレンジする事を念頭に置き、交流事業を通じて松山YEG会員が青年経済人としてYEG活動の意義を理解し会員相互が刺激をしあえる様な関係を構築できる事業につなげたいと思います。
当委員会メンバーが、事業の目的・事業の意義を考えた事業運営ができる様に努め、それにより、松山YEGに関わる会員が、YEGに愛着を感じ、YEGへの帰属意識を高めて頂きたいと思います。
そして、YEG活動を通じて、地域の活性化、地域の経済的発展の一助となる様努めます。

組織力強化委員会

  • 会員大会への参加
  • 会員数増強計画の企画・実施(繁盛塾)
  • 意識・規律向上の企画運営(おとこ前塾)
  • 新入会員研修会の企画運営
委員長基本方針

組織力強化委員会は、委員会及び例会の意識・規律向上とメンバー同士の絆を更に深められる活動を行っていきます。
松山YEGという組織が200名を超える組織となり新しいメンバーも増加した中、もう一度組織のメンバー全員がYEG活動について考え、個々の目標について挑戦できるような環境作りをします。
また熱ある会員の増強にも会員大会や繁盛塾を通して積極的に取り組みます。例会(おとこ前塾)については例会委員会と連携しながら去年をさらに超える企画運営をしていきます。1年間を通して松山YEGメンバーがそれぞれの個性と力を発揮して、より強い組織にし松山を支える青年経済人となります。

地域活性化委員会

  • 地域活性化事業の企画、立案、運営、検証
委員長基本方針

地域活性化委員会は、松山YEGの歴史28年間の文化を伝承しながらも、これからの未来ヘ伝承していけるような地域活性化のための新しい事業の企画、立案、運営、検証を行います。
また、会員各々の成長、会員企業の発展、YEGの発展、そして地域経済の発展に結び付くような委員会活動を行って参ります。そして、YEGに入会して「良かった」と思える委員会づくりを目指します。
「和を以って貴しと為す」の言葉のとおり、会員間の絆を深め、YEG会員である意味や効果などを理解し、松山YEGへの帰属意識をしっかりと持ち、松山YEGの会員として誇りを持って活動できるような体制を構築していきます。
事業を通じて、もっともっと地域を知り、地域を愛し、少子高齢化による人ロ減少を食い止めるためにも、「地方創生」を目指してYEGメンバーとともに挑戦し続けます。

未来創造委員会

  • 愛媛大学への提供講座の企画・運営
    ※特別事業/地域経済の発展・人ロ減少抑止・地
    域就職人ロの定着
委員長基本方針

未来創造委員会は、地域の今を支えるYEGと、未来を支えていく学生が共になり、これからの地域経済発展に繋がる活動を行います。
愛媛大学での単位認定授業は6年目の継続事業となりますが、これまでの成功事例にとらわれない新たなプロジェクトを創造し、事業効果拡充のための“規模拡大”と“質の向上”に取り組みます。
そして地域が抱える“若年層の県内就職率の向上”という大きな課題に挑戦します。
我々の活動が10年後、20年後の未来に向けて、「住みたいまち松山、育てたいまち松山、働きたいまち松山」を創る原動力であるという強い意志を持って進めて参ります。

広報委員会

  • 各種事業の取材・記録
  • 会員間情報誌の作成「遊悠」
  • 対外的情報の管理(会報・HP・SNS等のアップ)
委員長基本方針

広報委員会は、松山YEGの活動をより多くの方に知っていただけるよう、広報誌「遊悠」の発刊、所報「YEGエクスプレス」の投稿、また、ホームページ、フェイスブック等を活用して内外に情報の発信を行います。対外には、松山YEGの事業や活動を発信・報告することによって、さまざまな取り組みやその目的などを理解していただき関心を持っていただき、地域の活性化につながればと考えます。対内には、自分たちが行ってきた事業や活動を広報誌等であらためて伝えることにより、その目的・思いをより深く理解していただき、更なる参加意識・意欲の向上を目指します。そしてその積み重ねが次代への活動へつながっていくと考えます。新たな出会い、新たな交流、新たな学び、広報活動を通じて松山YEGメンバーの『挑戦』を伝えていきます。

渉外委員会

  • 対外事業全般の窓口
  • YEG事業向上に繋がる国際交流の企画運営
  • 他団体事業窓口・管理運営(女性会・青年三団体・商工三団体)
  • 他単会事業窓口・管理(出向・各種大会・周年・Yランドリーグ等)
委員長基本方針

渉外委員会は松山YEGの対外事業全般の窓ロとして一年間活動してまいります。 平成29年度に開催致しました四国ブロック大会、愛媛県大会、えひめ松山大会に多くの他単会からのご登録を頂きましたので、本年度開催の四国ブロック大会高知県高知大会、及び愛媛県大会宇和島大会へよりたくさんの松山メンバーの皆さんと共に参加し、学びと繋がりを感じたいと思います。
 
全国大会は宮崎の地にて開催されますので、こちらも多くの松山メンバーと全国のメンバーの交流及び、全国大会での卒業式に参加致します。
国際交流事業については初めての事業となりますので、今後松山YEG会員にとってプラスとなるような事業提案を行います。
その他、女性会、青年三団体、商工三団体などの他団体との窓ロになります。